テクノストラクチャー工法

about_tech_33

木の強度は縦の力には強いが、横の力には強くない。

昔から日本人になじみのある「木」。木は環境にもやさしく、丈夫で長持ち。それは、法隆寺などの歴史的建築物を見ればおわかりいただけると思います。しかし、木には生育してきた縦向きの力には強く、横向きの力には弱いといった特性があります。

そこで、パナソニック独自の耐震工法 木と鉄のオリジナル複合梁「テクノビーム」

テクノストラクチャーでは、木と鉄を組合わせた「テクノビーム」を採用。通常の木の梁と比べるとたわみが少ないので、長い年月が経過した後も、梁のたわみからくる骨組み全体のゆがみがおさえられます。さらに地震などの一時的にかかる大きな力に強いのも安心のポイントです。
同じ長さの木製梁とテクノビームに約2.2トンの荷重を加えた実験では図のように、たわみ量が経年変化します。
新築時から30年後のテクノビームのたわみ量は木製梁の1/4以下と、高い耐久性を示しました。 

接合金具にも徹底したこだわり、引き抜き強度も抜かりなく

about_tech_62
一般的な木造住宅では、木材を切り欠いて部材と部材を接合します。このため、接合部の木材は部分的に細くなってしまい、その箇所が地震等で割れて建物の倒壊を招く例が多く見られました。テクノストラクチャーでは木材の切り欠きをできるだけ減らし、木の力を引き出す金具接合仕様を採用。施工者によって強度のバラツキが出ることもなく、接合部での安定した高強度を実現しています。
また、地震や風により建物が揺れると、建物上部の揺れに引っ張られて、柱が引き抜かれるような力がかかります。そのような場合に備え、テクノストラクチャーでは、柱の引き抜き強度を飛躍的に高めています。
about_tech_33

家の骨組みのバランスや強さを確認するのが「構造計算」。しかし法律上、2階建ての木造住宅には義務づけがあり ません!

tech_kouhou_52
建造物を建てる際、災害に対する強さを確認する唯一の方法が「構造計算」です。世の中にある大きな建造物は、ほぼ全て構造計算を行った上で建てられています。しかし建築基準法では、木造2階建て以下の住宅は構造計算が免除されており、法律で定められている最低限の基準のみをクリアして建てられているのが現実です。

テクノストラクチャーでは、確かな安全・安心のため、事前に構造計算を行うことを当然として、一棟ごとに骨組みのバランスと強さが保たれているかを確認しています。

地域性も考慮し細かくチェック。チェック項目はなんと388項目

地震や強風などで家がゆれた時、積雪により雪の重さが加わった時など、災害時にどんな所にどんな力が加わるのか、コンピューター上でシミュレーションを行い細部にわたってチェック。バランスの良い構造体をつくりあげていきます。また風が強い地域や、豪雪地など地域性も加味して強度チェックを行っています。

通常の木造住宅を建てる時にはチェックされない多くの項目も、テクノストラクチャーではしっかりチェック。せっかく建てる家だから、良い状態で長く住み続けられるように。そうした想いから木造2階建て以下では義務化されていない構造計算を行い、法律よりも細かい部分までチェックしています。

実物大の住宅で耐震性能を実証。構造計算の「保証書」付き

tech_kouhou_59
テクノストラクチャー工法では、耐震性能が住まいの基本条件と考え、阪神・淡路大震災と同じ震度7の地震波形で実大実験を5回実施しました。主要構造体や接合金具の損傷・変化はなく、高い耐震性を実証しています。

また、構造計算を行った後、住宅の引き渡し時に「構造計算書」と「構造計算保証書」を発行し、施主様にお渡ししています。構造計算書では、一棟ごとにシミュレーションされた構造計算の内容をご確認頂けます。構造計算保証書では、パナソニックが構造計算結果および構造計算方法について保証することをお約束しています。
about_tech_33
tech_kouhou_84
構造に優れた強度を生み出す「テクノストラクチャー工法」は、地震などの災害への安心とともに、建物や住空間の自由なデザインを可能にします。敷地や環境に応じて建物をフレキシブルに。土地や空間を無駄なく活用したい。明るさやゆとりをもっと高めたい。空間構成やデザインにこだわりたい。そんな注文住宅の願いを、木造を理由にあきらめる必要はありません。

狭小地でも大開口を実現。明るい3階建てを実現

高強度の門型フレーム(Mフレーム)が大空間をしっかり支えるため、1階をビルトインガレージにし、2,3階を全て窓にして、十分な構造強度を確保できます。もちろん緻密に構造計算・シュミレーションを行い、国土交通省にも認定されているシステムです。

2階・3階で広さを確保し、居住空間を広げる

2階、3階部分を、1階よりも張り出させることで、庭や駐車スペースを確保した上で居住空間を広げることができます。
テクノストラクチャーでは独自の複合梁による強靭な造りと、構造計算に基づいた設計で安心・安全です。

強度があるから実現できる「斜め壁」でデッドスペースを有効活用

一般に、四角い建物を建てるのが構造的に強いと言われていますが、変形敷地のデッドスペースを有効活用できるのが、テクノストラクチャーの「斜め壁」です。斜めテクノビームと斜め接合金具により、安心の強度とともに実現します。

縦の空間を有効活用、収納上手な住まい「スキップフロア」

収納スペースはたくさんほしいものですが、そのせいで他の空間が狭くなるのはちょっと・・・。
テクノストラクチャーなら、使っていない空間を有効に活用して収納スペースを確保するような、複雑な構造でも強い強度で実現可能です。

バルコニーをリビングの延長に

たっぷり光を摂り入れることができ、防犯性にも優れた2階リビングにバルコニーをつなげ、バルコニーをリビングの一部として使うことができます。
室内とバルコニーの境目に専用部材を使用して段差を解消。テクノストラクチャーなら奥行きも広々と取ることができます。

プランの自由度がアップする 幅狭(はばせま)耐力壁

一般的な木造住宅で必要とされる耐力壁の幅の広さに比べて、テクノストラクチャーではとても狭い幅で耐力壁とすることができるため、通常では必要だったキッチン前の壁が不要になるなど、狭小間口でも耐震性を確保しながら大空間を実現。室内が広々とした空間に感じられます。
nee_contact_tit
nee_contact_tell