無添加住宅

無添加住宅って?

MG_8303
“加えない”という価値。無添加住宅
お手本にしたは、シックハウス症候群のなかった頃の昔の家づくりです。
昔の家は土と木、そして草や紙などで構成され、バランスがとれていました。
その考えを軸に、現代の家づくりに合うよう何度も吟味を重ね、自然素材に徹底的にこだわって完成させたのが「無添加住宅」です。
無添加住宅はただの健康住宅だけでなく、夏や冬も快適で、経年変化が楽しめ、本物にしかない素材感やデザインなどの価値を提供します。
他にはない世界で一つだけの家、それが無添加住宅なのです。

素材について

thum_01
身体に良くないものは使わない。
無添加住宅には、他の家にはない様々な特長があります。
漆喰や炭化コルク、天然石、米のりなど本物の自然素材を使用することによって、永く住まえることや省エネ効果、調湿性能など優れた機能を発揮します。
口に入れてもいいほど身体にやさしい自然素材が、生きているが故に変化し、その過程を楽しむこともできる住まいです。

空気について

thum_02
室内の空気が 家族の健康を守る
家づくりで一番大切なことは何でしょうか。
省エネ性・断熱性・デザイン性・耐震性・耐火性など、人によって、大切にしている価値観は違うと思います。
そこで特に重要と考えているのが「室内の空気」です。
「空気を制する者は、幸せを制す」
室内の空気環境を良くすることで、日々その家で暮らす家族が健康な毎日を過ごすことができます。
それこそが家族にとって、一番の価値になるのではないでしょうか。
nee_contact_tit
nee_contact_tell